浪人していた友達が今年こそ合格してますように

SNSで仲良くしている子がいるのですが、彼女はこの前センター試験を受けました。
彼女は高校生ではなく、去年受験したものの落ちてしまって浪人をしていました。
今年はニュースで雪の影響が心配されると言っていましたが、幸いにも彼女が受けた大学は雪は全く降ることはなかったそうで何も影響はなかったようです。
ですが結果が心配な所です。
二度目の受験ということもあり、きっと去年とはまた違った緊張感があったはずです。
今回こそ絶対に合格しなければならないと感じていたのではないでしょうか。
彼女からあまり出来なかったという言葉が出た時はびっくりしてしまいましたが、その言葉が嘘であることを願います。
合格発表はいつなのかは分かりませんが、今度こそ彼女にはなんとしてでも合格して欲しいです。
せっかく一年間受験を頑張って来たわけですし、何がなんでも受かってて欲しいです。
もし万が一仮に彼女がまたもや不合格だったとしたら、私は何と声を掛けたらいいのか分かりません。

みんなそれがヒットするからって後発ばかりしてませんか

ガイドブックが好きで多分月に10冊ぐらいよむのですが、業務関係の本は一体全体名前が長いのが多いですね。業務曲線へ行くと間もなく分かります。縦2列になってますもん。流行りたてのあたりは物珍しさで売れてヒットしましたけど、二度とこう皆が皆、真似してやると新奇もなにもないですね。またかって感じで。これこれこうだったわたくしがこれこれこうしてこうなったですとか、これこれこうなった事由ですとか過去の最低な地点からここまで這い上がったという名前ですね。わたくしはノンフィクションが好きなので自然とビジネス本も数多くよむことになるんです。確かに条件は興味深いだ。落ちぶれていた事例からのし上がって勝者になったというツイートだから。だから最大手の社長のガイドブックは全く読んできましたね。あとはスポーツマンのガイドブック、役者の自伝、事例のドキュメントや事例を起こした人のガイドブックを好き好んで読んでます。本なんかは読んだ点ないぐらいだ。俗説が嫌いなので。